Processingのバイブル、日本語化

監訳を担当しました「Processing:ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門」が出版されました。値段は少し高いですが、、凡そ670ページにも渡る素晴らしい内容の本です。

プログラミングの入門書としてだけでなく、CGやメディアアート、インタフェースの歴史、一線のクリエイター達のインタビューが散りばめられていることが、本書の大きな価値だと思います。Processingという道具を使って何を作るか?自分自身でProcessingをどう拡張していけるのか?プログラミングをするとはどういうことか?について、自分の考えを深めるきっかけとなることでしょう。



多くの皆さんに読んでもらえることを願っています!

カテゴリー: diary | コメントする

BabyBumper @ Ubicomp2015

学部生4人でプロトタイプを繰り返した”BabyBumper”を国際会議ACM Ubicomp2015でポスター発表してきました。日本の都市部の交通機関は他の国々よりも特に混雑していて、妊婦さんにはハードな状況であることから、お腹の中の赤ちゃんのためのエアバッグを試作しました。色々な方に面白くかつ役に立つアイデアだと言っていただけました。

論文と紹介ビデオはこちらから。
[BabyBumper: protector/communication wearable device for pregnant women, in ACM digital library]

カテゴリー: diary | コメントする

Futuroid#2 : TracePlayer

TracePlayer1
 FaceShadowingにおいて、練習者が将来行うであろう動作を手本の動作から自動生成したことが、このフューチャロイドという概念を作り出す契機になりました。FaceShadowingがFuturoid#1だとすれば、Futuroid#2とも言えるのがこのTracePlayerというシステムです。

フューチャロイドの研究においては「身体的なスキルの向上」や「身体的な健康の増進」を目的に「ユーザが求める将来像へと自身を近づけてゆくためのシステム」を開発します。その概念をスポーツに適用したのがこのシステムです。子供は憧れのプレイヤーの真似をしながら遊んだり、その遊びの延長としてスポーツのトレーニングをすることがあるでしょう。空間にどのような情報を提示したり、どのような媒体でその憧れの選手の動きを表現すれば、子供たちはより良く真似ができるでしょうか?

 その問いへの答えとして、スポーツにおける上級者の身体動作を学習者に伝える新しい方法を構築すべく、舞踊の記譜法を用いて身体動作を床面に表記し、それを学習者自身が再生しさらに他者が再生する様子を学習者が観察できるシステムを構築しています。
 
 記譜法として舞踊におけるラバノーテーションを、そしてそれを再生する他者として移動ロボットを用いることを提案し、その基礎的な検討としてカラーセンサを用いたライントレーサの試作を繰り返しています。移動の軌跡とリズムの変化を表すカラーテープを最小限のノーテーションと考え、ライントレーサが白線の上を移動し青・赤のテープにより加速・減速をすることで、サッカーやバスケットボールにおけるドリブルのような身体的なリズムを伴う身体技能の伝達と獲得のための物理的なメディアとして機能すると考えています。

カテゴリー: research | コメントする

Futuroid #1 : 中間顔の生成によるFace Shadowing

英語の発音のトレーニング方法にシャドーイングと呼ばれる方法があります[シャドーイング – Wikipedia]。シャドーイングには幾つかの手法があり、第二言語の習得に効果のある方法だとされています。

その一方で、日本人が英語の発音を良くするにはネイティブの顔・口・舌・喉などの筋肉の動かし方をマスターする必要がある、という考え方があります[英語舌のつくり方 ――じつはネイティブはこう発音していた!]。
 こちらのWebの記事[複数の言語をマスターするコツは「別の人格」を演じること]もそうした学習方法のあり方を示唆しています。私自身も英語の個人レッスンを受けていた時に、先生の口や唇の動きを真似るようにと良く言われました。
 しかし、人種が違うと顔の骨格や唇の形もだいぶ違うために、自分がそうした動きをしている様子をイメージすることが難しい、という問題がありました。

そこで、画像処理を使ってネイティブスピーカーの顔の動きを検出し、その動きで自分の顔を動かすことが出来れば、発音が良くなった状態の自分をイメージしやすくなるのではないか?と考えました。
 そうした顔を中間顔と名付け、openFrameworksを使ってシステムを実装し、単にネイティブスピーカーが話す動画を用いたシャドーイングと、提案する仮想的な自身の将来像も併用するシャドーイングとで、発音が良くなっているかどうかを比較する、という研究を行いました。下の図がシステムの画面です。左が学習者、右がネイティブスピーカー、真ん中が中間顔です。

Futuroid#1:Intermediate Face

3月にAugmented Humanという国際会議に論文が採択されて口頭発表を行い、4月には日刊工業新聞に取り上げていただきました。
[語学力習得で表情手本に-慶大、英会話教師の話す表情をリアルタイムに生徒の顔に合成]

カメラやセンサを使って上級者の動きを計測し、それを学習者の特徴に合わせて仮想的な将来像を作るシステムのことを私たちは「Futuroid」と名付けました。
 大阪大学の石黒浩教授らが構築しているジェミノイド(Geminoid)は人間に酷似した外見を持つアンドロイドです。この”ジェミノイド(Geminoid)”という言葉は「双子」を意味する「ジェミニ(Gemini)」と「〜のような」を意味する「-oid」からの造語で、私達の研究で用いる”フューチャロイド(Futuroid)” という言葉は、将来を意味する「Future(フューチャー)」と「-oid」を下にした造語です。
 このシャドーイングの研究はそうした具体的なシステムの#1です。#2としてサッカーのドリブルの練習をするためのロボットを開発しています。こちらはまだまだ開発途中ですが、#3や#4も考えて行きたいと思っています。

カテゴリー: publications, research | コメントする

セレンディピティ

イギリス人のウォルポール伯爵が創り出した「セレンディピティ」という言葉は,「偶然と才気(すぐれた頭のはたらき)によって,さがしていなかったものを発見する」ことを意味しています.
自分が作ってきたシステムや作品を説明する時にセレンディピティについてよく言及しますが,もともとが造語であることもあって辞書によって定義が違うこともあるようです.

幾つかの書籍を読んで,いちばんクリアな説明と思ったのは,
セレンディップの三人の王子たち―ペルシアのおとぎ話 (偕成社文庫)
の訳者である竹内 慶夫さんの解説にあった以下の内容でした.

「セレンディピティ」を明確に定義づける三つの重要な要素を見いだすことができます。それは、(一)偶然と(二)才気によって(三)さがしていないものを発見すること、です.ここに、セレンディピティということばの意味を考える原点があります。
(中略)
科学技術の発見には、このような場合がひじょうに多く、ペニシリンが抗生物質をさがしていた研究者によって、偶然がきっかけで発見されたのは、その代表的な例です。
セレンディピティ的発見の鍵は、偶然を生かすことができるかどうかで、それは実験や観察をする人たちの心がまえしだいです。なにごとかに集中する意識があって、周囲のできごとを注意ぶかく観察し、それに瞬間的に無心に反応する心がつねにそなわっていることが必要です。先入観は禁物です。これがセレンディピティ的発見の必要条件とすれば、気づいた偶然を解析する能力と根性をもっていることが十分条件といえるでしょう。
いままでの例にあげたように、セレンディピティは科学の分野のみで注目されているかのような印象を受けます。しかし,そもそもウォルポールの手紙にみられるように、彼が「セレンディピティ」の定義に使った例は、ラクダの話にしても、シャフツベリ卿の話にしても、これに似た例はわれわれの日常生活におこりうることなのです。
このことは、心がまえひとつで、私たちも日常生活のなかでセレンディピティに遭遇しても不思議ではないことを意味しています。自分をみがき、いま述べたセレンディピティ的発見の必要条件にかなった性格さえ身につければ、だれでもセレンディピティを体験できるはずです。

(太字はこのエントリー投稿者による)

セレンディピティを定義づける要素は三つあり,そしてセレンディピティ的発見には必要条件と十分条件の両方がある,という説明は竹内慶夫さんが鉱物学者であったこともあり,とても明確ですね.セレンディピティ的発見をした後には解析する能力と根性を持っていないといけない,という辺りは,金出先生の「素人のように考え、玄人として実行する」にも通じるでしょう.

様々なエピソードを持って語られる「セレンディピティ」ですが,三つの要素と二つの条件によって,それぞれのエピソードを比較することが出来そうです.

カテゴリー: diary | コメントする

Processing 2nd Edition 日本語版

Processingとそのコミュニティを生み出したProcessingの中の人達Casey REASとBen FRYによるProcessing: A Programming Handbook for Visual Designers and Artistsの第2版が12/26に出版されます.



CityCompilerとProcessinglueをCaseyにデモした縁から,その日本語版の出版プロジェクトを進めることになりました.中西は監訳+訳,安藤幸央さん,澤村正樹さん,杉本達應さんの訳,出版社はBNNというチーム体制です.6月か7月頃に刊行予定です.

第1版は日本語版が出ていないので,Processingのバイブルとも言えるこの本の日本語版は日本のCreative Codingコミュニティに貢献できると考えています.乞うご期待!

カテゴリー: diary | コメントする

2012-2014さきがけ・CREST3回合同シンポジウム

2009年10月から2013年3月までお世話になっていたJST さきがけとCRESTの合同シンポジウムが12月5日に東大の福武ホールで開催されました.
[2012-2014さきがけ・CREST3回合同シンポジウム]

このプロジェクトのお陰でCityCompilerとProcessinglueの研究と開発を進めることができ,いま行っている研究やProcessing2の日本版翻訳プロジェクトへとつなげることができました.アメリカ帰国後,それらをまとめてご報告させていただく機会となりました.
色々な方々のご支援に深く感謝する次第です.

カテゴリー: 未分類 | コメントする

WISS2014@浜松

ヒューマンインタフェース,インタラクションデザインの研究者達が全国から集まって合宿形式で研究発表と議論を行うWISSでポスター発表を2件してきました.

なんと発表された研究の論文や動画,さらには査読コメントまでが公開されるという先進的なスタイルをとっています.
[WISS2014 プロシーディングス]

自分達が発表した内容の論文のリンクをはっておきました.

2A-03 Generating Intermediate Face between a Learner and a Teacher in Learning Second Language with Shadowing
中西 陽子(Independent researcher),中西 泰人(慶大)

2A-04 床面に表記された身体動作の記録を再生するロボットの基礎的検討
中西 泰人(慶大)

最初にWISSに参加したのは1999だったと思いますが,前々回の青森での参加から2年ぶりの参加となりました.次回のWISS2015は別府で開催とのことです.

カテゴリー: diary | コメントする

ORF2014

11月の17(月)から22(土)まで六本木ミッドタウンを中心に慶應義塾大学Open Research Forumが開催されました.

DSCF1160_

今期から入った6人の学生がそれぞれの個人研究とは別にORFに向けて共同で進めた新しい研究を紹介しました.私たちはコンピューターと人間との今後の関わり合いを考えるにあたり,”インタラクションとインテリジェンス”をテーマに,比較的パーソナルな機械であるデスクトップ扇風機を取り上げ,4種類の人と扇風機のあり方をデザインし,来場者の方々からご意見を貰いました.

DSCF1162_

また中西が進めている3つの研究分野から6つのプロジェクトを紹介しました.
Creative Coding
– CityCompiler
– Processinglue
Digital Sports
– Parallel Prototyping of Digital Sports
– TracePlayer
Between Bodies
– RAM+Motioner
– Intermediate Face

ご来場いただいた皆さん,どうもありがとうございました.発表時に使ったポスターのPDFを置きましたので,どうぞご笑覧ください.



カテゴリー: diary | コメントする

RAM SUMMER CAMP 2014

7月の3連休に山口にあるYCAM(山口県情報芸術センター)に行ってきました.YCAMとフォーサイスカンパニーのダンサー安藤洋子さんが共同で開発しているモーションキャプチャーシステムとツールキットを使ったワークショップRAM SUMMER CAMP 2014に参加しました.

ワークショップは運営側にまわることが最近は多かったのですが,プログラマとして参加するワークショップは実は初めてでした.山口で初めて会った方々とチームを組んで,テクノロジーとダンスの新しい組み合わせのカタチを模索しました.

モーションキャプチャシステムであるMOTIONERは,ローコストの慣性式モーションキャプチャーシステムで,オープンソースプロジェクトとして制作に必要な情報が公開されています.光学式のモーションキャプチャシステムよりも精度は下がりますが,設置やキャリブレーションの手間が少なく,屋外でも気軽に使える利点があります.
ハードウェアはArduino+XBee+拡張ボードという構成で,PCとはWifiのアドホックモードで接続されます.データはOSCを使って送信されるので,RAM Dance Toolkitだけでなく他のアプリケーションで利用することもできます.


RAM Dance Toolkit Cyril Baldy with Scene “Expansion” from YCAM InterLab on Vimeo.

RAM Dance ToolkitはopenFrameworksをベースにしたダンスのための環境を作り出すツールキットです.3D空間にMOTIONERから送られて来たデータを表示すると共に,そのデータをさまざまに用いて,ダンサーの身体感覚を新しく引き出すようなビジュアル表現を作り出せるよう,さまざまな工夫が込められています.こちらもオープンソースのプロジェクトでありgithubでソースが公開されています.

ワークショップの参加者はワールドカフェ形式でディスカッションを行い,5つのチームに分かれました.アルゴリズミック・ダンスとも言えるようなフォーサイスカンパニーで行われているダンスには,ダンサー達の位置,距離,向きが非常に重要です.慣性式モーションセンサであるMOTINOERは加速度と速度が取れているものの,装着者の位置を取ることができません.そこで我々のチームは,身体の速度にフォーカスして,新しいダンスの可能性をディスカッションしました.

安藤さんによるダンスのワークショップや講師陣によるレクチャーをはさみ,真剣なディスカッションとフランクなお喋りを繰返しながら,2名のダンサーと4名のプログラマーで構成された我々のチームは8つのシーンのコードを書きました.最終日のプレゼンでは見事に優秀チームに選ばれ,MOTIONERを貸し出してもらえることになりました.チームのメンバーは山口、大阪,岐阜,横浜,東京とばらけていますが,連絡を取り合いながら,ダンスだけでなくスポーツにも使えるであろうMOTIONERの可能性をもう少し探ってみたいと思っています.

カテゴリー: diary | コメントする